--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-03

幽香りんの百花繚乱『鬼について』

幽香りんの百花繚乱。

唐突に始まった新コーナー。
私は気になったことを調べるのが趣味なので、調べた事を万事書いていくコーナー。
雑学妖怪になりたい貴方、必見です。


さて、第一回目のテーマは節分に因んで『鬼』。
はっじまるよー


さて、まずは由来から。大陸の方から伝わった『鬼』だけど、その意味は『死霊』という様な意味ですわ。
『日本鬼子』もそう言う意味での『鬼』だから、角生えてーという日本人の想像する鬼ではないわね。
で、日本の鬼なんだけど元は隠(オン)という音だったみたい。
そのまま目に見えないモノ、という事なのでしょうね。

ええっと、少々マニアックな話しで恐縮ですが、日本語というのは既にあった読みに文字に漢字を使った言語ですわ。
漢字が伝わったときに、その当時の坊さん達が『この漢字アレ?じゃね?大和で言うアレじゃね?』と推測で嵌めてったものなのです。
何がいいたいかと言うと、鬼という言葉が入ってくる前に『見えなくてコワイアレ(オニorオンと呼ぶ)』を意味する言葉があったというわけですね。

さて、その鬼のイメージなのだけど最古の登場は『出雲風土記』の一つ目の鬼になるみたい。
イメージ以外での『鬼』という字は「鬼神(あしきかみ)」「邪鬼(あしきもの)」「姦鬼(かしましきおに)」と、日本書紀に出てるわね。
恐らく、この鬼と呼ばれたのは朝廷に従わない人達の事だと思われるわ。ただ、同時に神を差してもいるの。
さらに同時に、よく分らないワルイモノもさしていると思われるわ。
蔑称だったり、神だったり、超常的なモノだったり、の総称を鬼と呼んだわけね。
勿論、全部悪い意味でしか使わないわ。

さて、少し時代は飛んで奈良時代。『日本霊異記』では仏教の影響を受けた今イメージできる『地獄の鬼』みたいなのが沢山でてきますわ。
ただ、同時代には鬼を死霊という考えも根強くあったみたいで、どっちの価値観も混ざってるみたいね。
仏教の伝来に伴って、餓鬼や疫鬼という考えも広まったみたい。

平安。たぶん此処から、鬼は『人に害を為す化け物』という考えが主流になるみたい。
『伊勢物語』でもバリバリ食べてます、ぬらりひょんの孫にも出てきた『鬼一口』ですね。
ただ、この鬼一口。喰う現場は見られていません。
駆け落ちした男女が、片方居なくなってしまうという神隠しな出来事を『オニの仕業』と思ったということですね。

さて、鎌倉になるともう鬼の全盛期です。。酒呑童子、茨木童子、戸隠山の女鬼紅葉、鈴鹿山の鬼。
この頃には、もう『目に見えてる』実在する鬼です。
人間ともバトったり、『いい鬼』という今までの概念をひっくり返す強キャラまで出てきます。
だって、いい目に見えない悪いモノってどういうこっちゃ……。天才すぎる。
しかも見えるようになっちゃってるし、隠(オニ)の要素ゼロだよ!。

で、江戸に入ってしまうと『鬼』はもう実在しません。
御伽噺やことわざの常連となり、今わたしたちがイメージする鬼のほぼそのままとなります。
鬼に一体何があった……。

さて、鬼の姿だけど、これは陰陽道の概念が入っていて最も不吉な丑寅というイメージを鬼にかぶせました。
牛の角に、虎のパンツっていう例のアレ。
萃香ちゃんのパンツは虎柄ってわけですね。すばらしい。
余談だけど、丑寅の対角は猿鳥犬。桃も魔よけの象徴で、もう桃太郎は負ける要素無しってくらい対鬼のスペシャリストってわけね。

余談ついでにみんな大好き『鬼ごっこ』
あれ、元は神事ですからね。
鬼ごっこする子供達は、街を守ってくれてるようなモノなのです。すごいね。

さて、駆け足だけどまとめ。
鬼というのは、最初は『ワルイモノ』として始まったのだけど『イイモノ』としての属性を得たわけね。
この二面性は結構他の妖怪とは違う特徴的なことで、鬼というのは退治されたら恩恵を与えるケースが非常に多いの。
金銀財宝だったり、特別な力だったり、そのままストレートに助っ人してくれたりね。
そうなるとどうなるか。
人間と子供を作る鬼も結構な数になるのですわ。
そして、その子供たちというのは不幸になる。
これもまた、鬼の持つ二面性に引っ張られた予定調和の悲劇なのかもしれないわね。
酒呑童子が一番有名かな。

結局、鬼ってなんなんだ?と思う人。
わたしの見解では『和』に入れなかった人の事だと思ってます。
太古から日本は『和』を乱す存在を嫌ってきたのですね。
この『和』という精神、『結界』をひじょーに無意識的に重視する日本人にはとっても大事な精神です。
鬼は、その『結界』を脅かすモノのことでしょう。
そう、例えば面白く読んだのに感想を書かないアナタ!
『鬼』畜の所業と思いませんか?
鬼は現代にもいっぱいいるのです。

2012-01-18

ステマとネットと若者と

ステマ問題に対するわたしの見解


・そもそもネットの情報を鵜呑みにする人間は頭がおかしい、という大前提がある。

 「嘘を嘘と」という言葉はまさに至言であるなぁ、としみじみ。評判が良い口コミも、悪質なアンチの叩きも実は双方共に無価値であり、それを価値がある情報にしているのは受け取り手なのである。
 昔のネットであれば、嘘に騙される人間はそれ事体が馬鹿というだけの話しで終わった。それほどネットの世界というのは悪質なデマばかり広まっていたのだ。
 ただ、現在はネットの情報が正しくあるべきだという誤った認識が蔓延っている。この認識が、現在のネット(実は現実)社会での問題でもある。
 では、なぜ情報が正しくあるべきか、というのが誤っているかというと情報に『正しい』ものなんて無いのだ。
 それに近い情報は、確かにある。例えばスペックが~とか性能が~といった具合に。
 只、何々が面白いだとか何々が流行ってるという情報は、実体性が無い非常にあやふやなものなのだ。
 そして、困ったことに購買力を刺激する情報と言うのは後者であるということをSEGA信奉派の人間はPS2VSDCの時点で味わっている。
 DCの方が、性能が良かった。それは事実。PS2に負けたのは宣伝力。それも事実。

・自演・乙
 自作自演をしたことがあるだろうか?
 わたしはある。某掲示板で毎日極上生徒会のゲームを取り上げて、「みなもちゃん、可愛い!」を連呼して購買意欲を煽った。企業から金を貰っての行動じゃない。一緒に語ってくれる仲間欲しさの行為であった。
 今同じことをすれば、ステマ乙で終わってしまう話だろうけど、多分50人くらいには買わせた筈である。
 ネットの購買力というのは実は侮れず、現在企業がそこに眼を付けるのも仕方無い出来事だとわたしは思う。

・ステマは悪くない
 結論はこうである。
 多分、ネット歴が長ければ長いほどわたしと同じ意見が多い筈。
 何故かと言われれば『だって、そんなの普通だから』。
 ガンパレード・マーチだって、東方だって、月姫だって、ひぐらしだって、まどマギだってステマだったのかもしれない。だけど、そんなのは私にはどうでもいい。
 だって楽しかったから。面白かったから。
 出会えたのだから、宣伝してくれて良かったという感謝の気持ちすらある。

・オタクな人、ネットに毒されてる人
 ネット社会の普及にともない、オタクと一般人の境界線が揺らいでいるのもこの件には関係ある。
 多分、騒いでいるのは『ネットに毒された人達』なのだと思う。
 わたしを含め、オタクの人間というのは自分の好みが社会一般に比べてニッチなのを自覚している。
「だが、それでいい。だってわたしが好きなんだから」
 というのがオタクの人の物事を選ぶ基準なのだ。
 売れてるから、流行ってるからで物事を判断することは無い。自分の好みは其処に無いのを知っているからだ。
 つまり、オタクに対してステマは無意味だ。彼らはあくまで自分で選び、自分で決め、自分で後悔し、自分で喜ぶ。

・議論の場
 オタクは議論が好きな生き物であり、オタクは議論のいらない生き物である。
「みなもちゃん、可愛い!」
「天使ちゃんマジ天使」
「ほむほむマジほむほむ」
 といった定型スレだけで究極のところオッケーなのだ。
 しかし、作品に関して言いたくなるのもそのサガ。
 演出作画監督声優の演技etc。
 議論の種は尽きない。
 その、議論の種の一つにステマという燃料が加わってしまったというのが問題な気もする。
 だって、オタクの連中はマーケティングには無関心なのが常だから。

・じゃあ何が悪いのか
 これも結論から言うと『ネガキャン』の一言だろう。
「人を褒める時は大きな声で!人を貶す時はもっと大きな声で!!」
 とは言うが、実際ネガティブな記事こそ人は見るのだ。
 スキャンダルもそうだし、ネットの祭りなんかも大抵はネガティブな事が多い。
 つまるところ、ネガキャンで自分の好きな作品を貶されるとイラつくがそれも仕方ないことなのである。



・結論
 ステマかどうか実際の判断は誰にも難しい。
 ステマは別にわるくない。
 ネガキャンはイラつくがしょうがない面もある。


駄文です。失礼致しました

2011-09-25

このライトノベルが凄い!幽香りん編!!

書き順はとくに関係なくお勧めを書いていきます。


1 ブギーポップは笑わない

ラノベを語る上では欠かせない作品
膨大なシリーズですが、追う必要は無く単品としても十分に面白いです。
歪曲王やペパーミントなどがわたしは好き


2 十二国記

ザ・死ぬまでに完結してくれないと死ぬに死ねない作品。
単行本が止まってからも短編は何度か出てるので本にしてほしい。はやく。
主人公の「裏切られてもいい」という言葉は、わたしの中でよく糧となってるわ


3 バッカーノ!

群像劇だし禁酒法時代だしで、もうバッチリわたしの好みに合って読んで爽快という。
娯楽作品の見本みたいな感じだわね。アニメも良い出来。


4 涼宮ハルヒの消失

あえて消失を。少しマニアックな話になるけれど(皆がハルヒを知ってるという前提で)時間軸的に
消失前のキョンと消失後のキョンは思想が違って、それがこの出来事がどれだけキョンの中で重大だったかという話ですよ。


5 猫の地球儀


猫と侠客とSFという之合うのか!?というのを合わしちゃうわけですよ。
殆どのキャラが猫で構成されてるのに熱かったり泣けたりするんですよ。


6 人類は衰退しました

Q ゆるいですか?
A ゆるろみおです


7 ほうかごのロケッティア

オタクのクラスでの生存戦略がリアル。
五十嵐貴久さんの作品に似てる気がするが、まぁ、題材が被ってるからねぇ。

8 とある飛行士の追憶

紅の豚好きな人は手にとって見るといいかもね。
読後はさわやかな気持ちと一抹の寂しさが。
映画になってもいいと思ったらまさかなるとはねぇ

9 AURA 魔竜院光牙最後の闘い

黒歴史を卒業した皆さんに苦い記憶を思い出させ、もうやめて!ライフは0よ!
といいたくなりつつページを捲る手は止まらない。
厨二やめますか?それとも……

10 扉の外

電撃文庫にしては……ちょっとえげつない?という感じ。
知能脱出モノが好きならば~。
穿って暗喩表現として見ても哲学的で良くできてるわ


11 狼と香辛料

まぁ大体訳すとラノベで分る簡単経済学入門、なんだけど
ほんとに少し分るから凄い。
ヒロインのホロもいいキャラだし。


12 空の中

ドラマ化したりなんだりで元ラノベ作家と言えない雰囲気の有川浩だけど
べつに太い荘重でも中はラノベなので安心してください


13 海の中

やっぱり自衛隊最高ですよね。という上の空の中と(別に関係性があるわけじゃないけど)
一緒に読んで欲しいですわ


14 砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない

やっぱり元ラノベ作家とは言えない雰囲気の桜庭和樹のデビュー作。
なんでこちらはデビュー作かというと他の派ラノベかどうか微妙な線なので。


15 世界の中心針山さん

成田良悟はさー、文章力じゃなくて展開と群像劇なんだよなー……
という人間がいたらさっと差し出す短編集がこれだ。


16 ヒトクイマジカル

やっぱり西尾維新の戯言には触れないわけにはいかなくて、コレを選ぶわたしは分類されるなら「西尾はキャラだよ、キャラ派」ぶ分類されてしまうのであろうけど、西尾の方向性を決定つけた気がするので


17 化物語

まーここで書いてある本の大半は初版で持っててこれなんかサイン付きで、西尾の戯言まで書いてあってもう墓まで持っていく家宝なんで売る気は全く無い。
で、西尾の単行本で今現在一番すきなのがコレ。遊びと仕事のバランスが丁度いい。


18 夏季限定トロピカルパフェ事件

米澤穂信はラノベなのかはどうかは分らないけれど、古典部シリーズとこのシリーズはラノベと言ってもいいと思うの。超大好きな一冊で、ネタバレしないように言うとヒロインの小山内さん可愛い!結婚したい!っていうとお前は女を見る眼が無い!!という返しをされる様な本です♪


19 新訳:走れメロス

だったら、ねぇ。森見登美彦もラノベですよ。四畳半もアニメになったんだし。
中でも多くの名作を京都を舞台にアレンジしなおす!(そして滑稽にする)という誰得ということをやる先生が大好きです。


20 とらドラ!

アニメになった作品てアニメになったから紹介してるみたいで凄い嫌なんだけど、この書いてるのほとんど初版なんだから!!ラノベなのに女子がリアルなのがとてもいいです、ハイ。


21 アイゼンフリューゲル

虚淵もまどかといいFate/Zeroといいで安易に紹介すると、こう……なんか嫌なんだけど面白いからしょうがないよね。飛行機ものです。虚淵理論です。熱いです。


22 DDD

大変!月厨が息をしてないの!!
奈須きのこ仕事して!!


疲れたのでこのへんでー。
続きは無いよ!!

2011-05-25

お願い幽香りん!!!

続いてのお願いは~
ジャンプで今連載している女の子の可愛いランキングが知りた~い♪

ふむふむ、ならば現在のジャンプで連載している中で旬な女の子をランク付けで発表しちゃうわね♪
じゃあ、いくわよーおねがーい

幽香りん!!!




じゃあ、まずは5位からの発表ね

第五位
鰐塚処理ちゃん

まずは第五位。めだかボックスの中学三年生がランクインしたわ。
ポイントは、初登場のコマでリボルバーを加えてるというエロさね。
当たり前だけど、拳銃というのはよく男性器の比喩表現ではもう隠喩にすらなってないってレベルの有名な話。
西尾維新ほどの作家が、無意識に加えさせたとは思えないわ。
勿論、眼帯・アリマス口調・黒髪ポニテ・おっぱい。という役も揃ってて雨四光って感じだわ。
現在進行形で話が進んでるキャラなので、これからの活躍も期待できるわね♪

第四位
白雪結衣ちゃん

さて、ここでわたしは大事な真理を言うわ。
人生に役立つので覚えておきなさい。
エロスとはアンバランスなものなのよ
石○のおっぱいしかり、武田光○のアヘ顔しかり!!!
エロスというのは、歪であるべきなのよっ!!!!
つまり下手な絵の作者の絵ほどかもし出されるナチュラルなエロさ……
これこそが、究極なのよ。
さて、白雪ちゃんはメルヘン王子グリムのヒロインね。
黒化する+ツンデレ+幼馴染+ツンデレ+ヒロイン+ツンデレ+アイドル+ツンデレ、とツンデレ・オブ・ツンデレ。
もう、ツンデレだけでいいんじゃないか?ツンデレが至高なんじゃないか?という行き過ぎたツンデニストのために、用意された一つの答えであると言えるわね。


第三位
磯っぺのお母さん

主人公の。母キャラが。下ネタを。言う。
連載している漫画はジャンプである。
ジャンプで、こんな高度なシチュ……あぁ、世はここまで来たか、と思わざるを得ない
奇しくも、またもやグリム王子からのキャラクターであるが、だって全体的にエロスが漂ってるんだもん、しょうがない。
絵に難点がある為か、大人と子供の境目がアヤフヤなのである。
故に、白雪みたいな中学生キャラは妙に大人の色気が漂っているように錯覚してしまうし、磯っぺの母や担任の熊本弁の先生なんかは、大人なのに可愛らしいのである。
そう、これは稚拙な絵柄が生んだナチュラルなギャップ萌え
これこそが至高であると言わざるを得ない。


第二位
しらほし姫

巨女ブームと言わざるを得ない
かつて、パロディウスというゲームで何人のお子様がチチビンタ・リカ(分からない人はぐぐってみよう!)や、巨人魚や巨女子高生に劣情を促されたか。。。
そして今、その、思いがONEPIECEで結ばれているのである。
この、沸き起こる思いをさしずめこう表現しようと私は思う。
でかわいい
でかわいいのである。
女ヶ島ではサンダーソニアちゃん、可愛い!!って公然と宣言していたわたしだが、まさかサンダーソニアちゃんより可愛い巨女が出るなんて思わなかったわ。


第一位
竹取かぐやちゃん

またもメルヘン王子からである。
だって(ry
かぐやちゃんは臭いフェチなのである。
主人公の体操服を奪って、自分で着て、くんかくんかして、恍惚状態な変態な中学一年生なのである。
断じて私は快楽天の話をしてるわけではない
ジャンプの漫画なんですよ、奥さん!!!
さらに、主人公に積極的アピール。
これはポイントが高いです。
いちご100%で言うなら、北大路。
究極変態仮面で言うなら、春夏の位置ですから。
主人公からは扱いに困ると対応されるけど、読者からは人気が出るタイプ。
具体的には薄い本が沢山出るタイプ。
まさかジャンプのキャラクターに変態可愛いと褒めるようなキャラクターが出てくるとは夢にも思いませんでした。
新キャラなので今後の変態度にも期待しての一位ですわ♪


というような結果になりましたわ♪

2011-04-26

最近のジャンプ

DOIS SOL
 というサッカー漫画が連載されている。
 惜しい。
 絵は上手い。サッカーモノ。着眼点もいい。
 が。
 キャラがダメ……。
 スポーツものはまずキャラ……個性……!!
 その点『ライトウイング』は良かった。
(ライトウィングは画力が残念だった……)

 何がダメって味方チームの個性と説得力が無い。
 岡・安藤はともかく、クチダケがレギュラーなのが構成の失敗を物語っている。
 味方選手ですら、11人のうち5人くらいしか愛着がある人間が居ない。
 もっとも数週で多キャラに深みなんかもたせられないのだから、割りきりが必要ではある。
 南葛トリオという良例があるのだから、そこは勉強して欲しかったなー。。。
 昔の名作漫画はテンポが本当にいい。


保健室


 横の話は人気あったけど、縦の話は・・・っていう。
 現在のぬ~べ~になれる素質は凄くあったのに勿体無い。
 長編が長すぎる。
 としか言いようが無い。
 横の話で人気取りつつ、縦の話を複線としてちりばめておいて
 8週で長編区切れば……という感じだったのかしらね
 作者の書きたい話と、読者の読みたい話のすれ違いから起きた……嫌な事件だったね


戦国


 今のままだとこれ、戦国時代である必要あるの?っていうだけ。
 編集がそれくらい言って欲しいものだ。
 歴史モノ好きなわたしだけど、歴史モノのハードルの高さは相手が一般読者の前に歴史モノファンっていうのがあると思う。
 そのファンに「あー、はいはい。あのエピソードからのキャラ付けねー」と思わせれば不思議と一般人気が出るものなのだが。
 伊達というジョーカーを切ってしまって、最早尻すぼみが約束されてるのも……終わったなと思わせる要因である。
 秀吉とのバトルなのだから、七本槍の地味面子を最初に戦わせておかないと……


黒子


 こっちはキャラに頼りすぎちゃっていっつも同じ面子としか試合してねぇ!!という凄い状態に。
 テニスなみになってくれると面白いのだけど、無理そう。


エニグマ


 編集コネが無かったらそろそろ死んでるレベル。
 これのせいで保健室が死ぬかと思うと、色々思うところがないでもない。
 これ脱出サスペンスなのに、方法がゆで並なんだもん……。


めだか


 今週の面接は、この学園をこの作品に置き換えてみると良い・・・のかも。


ぬらり


 こっちは何かが足りない少年漫画。
 見ててもやもやする。
 何が足りないんだろう。考察の余地はあるけど、バトルが下手っていうのはあるかもね。
 でもブリーチがうけてるんだから……墨絵は迫力あるしね。
 うーん。
 ちなみに、これが始まったとき妖怪で大悪司!!(エロ無し)うはっ、超流行る!!と思ったのだけど話が明後日の方いっちゃった。
 リクオが全国の妖怪しめて仲間増やしてシマを広げて、最終的には中国妖怪とかベアードさまと戦うとわたしごのみだったんだけどなぁ
時計
プロフィール

幽香りん

Author:幽香りん
駄文を書く程度の能力

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。